「髪」とは不思議なものだ。

毎日必死にケアなどをし、愛しんでいるにも関わらず、頭皮から抜け落ちた瞬間、それは憎しみの対象へと変貌する。

床に落ちた「髪」。

排水溝につまる「髪」。

身体に纏わり付く「髪」。

抜け落ちた「髪」は唯々不快だ。

古より「髪」は何らかの力が宿っていると思想される。

現に煩悩の象徴と捉え頭を剃る僧侶がおり、儀式で捧げ物とされてきた歴史がある。

人々は「髪」に対し、特別な意味合いを与えてきたのだ。

 

私も作品を通じ「髪」に特別な意味合いを与えたい。

作品から見いだされるのは美しさなのか、醜悪さなのか。

​その答えは鑑賞者に委ねよう。

​生殖象徴|Captive  (2018)

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now